<   2010年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「バレエの真髄」観ました。3.


福岡で「バレエの真髄」を観てから
もう2週間が経ちました。

その間、夏休みに突入。

こどものいる日中はいつもよりずっとにぎやかです。

外でエネルギーを発散させなければ・・と
プールに行って泳いだり、映画を観たりと
それなりに工夫をする毎日です。

ネタが尽きないように考えなくてはなりませんね。
(いいネタがあったらどなたか教えてください。)

「バレエの真髄」
2週間経った今でも
記憶は鮮明に残っております。

吉田都さんとは
「やっと会えた!!」だけあって
感動が大きかったです。053.gif

キエフバレエのコールドが袖幕で待っているのが
少し見えただけで(前から2列目の席だったので袖幕の奥まで見えたのです。)
ドキドキバクバク・・心臓が破裂しそうに緊張しました。
大げさでなく。

コールドに続き、下手奥から都さんが出てきたときには・・
まるでビデオを再生しているかのように感じました。
今までずっと映像でしか観たことなかったので
目の前にいる「吉田都」がまるで現実味を帯びなかったのです。
まるで夢を見ているようでした。

キエフバレエのコールドは揃いもそろって
長身で手足が長く、顔が驚異的に小さい。
人間サイズになったジェニーちゃん053.gif(またはリカチャン人形)が
髪をシニョンにまとめてチュチュを着て
舞台上にずらっと並んでる。
そんな姿を想像してください。そういう感じです。
大げさでなく。

吉田都さんが
「ロイヤルバレエ学校時代は
コンプレックスのかたまりだった」

とお話されていましたが、都さんでなくてもほとんどの日本人(バレリーナであっても)は
そんな気分になるだろうなあ。

そのコンプレックスがバネになったかはわからないけれど・・

鍛え抜かれた都さんの技術、極めて細く強い軸、
繊細で軽快なステップ、表現は
どのジェニーちゃんも敵いませんね。
そして、何より自信に満ちたオーラ060.gif060.gif。目力060.gif
圧倒的でした。



「ライモンダ」はあまり派手な動きはなく、
どちらかというとシックな作品です。
独特の手の動きも見所のひとつではないかしら。


繰り返されるパッセの途中、
凛とした表情から徐々に輝かしい笑顔になっていく、
荘厳な場面があります。
私はそこを観るのを特にたのしみにしていたのですが
そのパッセがあまりにも美しくて足ばかりにみとれてしまい・・・
肝心のお顔の表情の変化を見逃してしまったのです。


すばらしいバレリーナが踊ると
単純な動きほど美しく光るのですね。


全ての動きは計算され尽くされているであろうけれど
まったくそれを感じさせない、

呼吸をするように、
音楽を聴くように、
ご飯を食べるように、

ごく自然に舞台に立っておられる都さん。


息が上がることもなく
ポワントの音をたてることもなく

ただただ静かに
オーラだけを携えて
踊っておられました。


思い出すと今でも胸がときめくほどです。


間近で観た都さんは、肌と歯も芸能人並に
美しくて驚きました。
お手入れをされているんだろうなあ・・笑。

40歳を過ぎておられる都さんがあと何年踊られるかわかりませんが
現役時代に観れてほんとうによかった。


吉田都さん感謝。
友人(チケットをとってくれた)にも感謝。


いよいよ「ライモンダ」のカーテンコールというとき
おそらく熱狂的な都さんファン、という人たち(私たちはじめ)
の大きな拍手に包まれ、会場は大盛り上がりに盛り上がっていた。

都さんはコールドを従え舞台ギリギリ前まで歩いて来てくださって
お客さんから次々に花束を受け取っている。
(花束を渡すというのを思いつかなかった。ちぇっ。)


吉田都さんと踊れるダンサーはなんて幸せなんだろー
都さんと同じ舞台に立つだけで大船に乗った気分でしょー
都さんに学ぶこといっぱいでしょ?ねえジェニーちゃん!!


「都さんと同じ日本人」というだけで
誇らしい~。そんな気分。
ふふふ。顔の大きさ、関係ないのよ~。



・・・と、ジェニーちゃん軍団に目をやると・・・


ん??

なんなの?
このいや~~なムード。


アタシタチコールドデオドッテヤッタワヨー
・・的な?

明らかに態度わるっ!!

ここは楽屋と違うんだよ?

いいのか?これで??

いいわけないだろ?

えっ?

いくら競争社会とはいえ
露骨過ぎないかい?





・・・都さんは20年以上もずっと異国の地で
こんな思いをしてこられたのかも・・

そして、それに打ち勝ってきたんだな。

それだけでもうすごい!!と思っちゃう。

そしてそういう究極の強い根性がなければ、
きっとプロのバレリーナとしてはやっていけないだろうなあー
とも思うのでした。


しかし、まさか舞台上で
「縮図」を見ちゃうなんて
思いもよらなかったわー。








例の・・パッセのシーン。

[PR]
by frais8 | 2010-07-28 01:54

休講日★稽古場開放します。


8月1日~5日。
8月10日~15日。

はコンクールのため
美里先生は不在です。
この期間クラスは全クラス休講です。


・・が!

ご要望にお応えしまして



●8月2日(月)午後7時~9時
●8月5日(木)午後7時~9時

は稽古場を開放いたします。



中等科以上の方で
練習されたい方は
稽古場をご自由に
お使いいただいて構いません。



その際、
事故や怪我に十分
お気をつけくださいね!!




FRAIS10TH公演
「テーマとヴァリエーション」
d0168679_115910.jpg

d0168679_1161413.jpg

d0168679_1185152.jpg


ありすちゃん元気かな~?
りこちゃんも元気かなあ~?
d0168679_1194775.jpg


アイコロ先生もお元気かな~?
d0168679_11105974.jpg


アイコロ先生たのしそう053.gif
d0168679_11115457.jpg

[PR]
by FRAIS8 | 2010-07-27 18:39

7月19日(月)のクラス・スケジュール


7月19日(月)のクラス・スケジュールは
スケジュール表でお知らせしているとおり


10:30~11:30 幼児科クラス
11:00~12:30 初等科クラス

13:30~15:00 一般科クラス


となっています。

通常と異なっていますので
どうぞお間違えのないよう
お気をつけくださいね。




FRAIS10TH公演より 「バレエの情景」
d0168679_10573469.jpg

d0168679_10585919.jpg

d0168679_1115563.jpg

d0168679_1125786.jpg

[PR]
by FRAIS8 | 2010-07-19 01:37

「バレエの真髄」観ました。2


プログラム一番は「眠れる森の美女」よりローズ・アダージョ。

オーロラ姫に求婚するために遠い国からやってきた4人の王子が
オーロラ姫と踊る、というあの有名な場面です。
難しい技術をさりげなく上品に踊るのが難しく
ほとんどのバレリーナが「最も緊張する」場面らしい。

最初に登場したのは4人の王子。

化粧をしたロシア(キエフバレエ)のダンサー。
血の気がうっすらと消えているあたり・・
まるで人形のようだった。
そう!いつかロンドンで見た「ろう人形館」
人間そっくりの人形が舞台に出てきたようで
ちょっとおののいた。
こんなにまで近くでバレエを見たのは初めてだから
いつもは見えないところが見えすぎておもしろい。

そして初々しく登場したオーロラ姫、ナタリア・ドムラチョワ。

顔、小さすぎ。

バランスとしてはマッチ棒の先のような顔に
うまいこと目と鼻と口が全部入ったもんだ、
と感心してしまうほどだ。


バレエがすばらしい!というのプロだから大体想像つくと思うので
そういうところは割愛させていただいて・・・・
その他のおもしろい発見をあえてここでは書かせていただきます、
と前置きしておいて・・・・


王子の皆よ!
オーロラ姫をリフトするとき
歯・・食いしばり過ぎっ・・・・!!

衣裳から見えている部分(つまり肌)は全部真っ赤か


登場時のろう人形は何処へ。


必死すぎてかっこよくなかった。
てか、笑えた。

あんな王子、初めて見た。

そして衣裳も・・
ヘンというかチャチだったし・・。


そんなこと構わずオーロラ姫ナタリア・ドムラチョワは
美しいポーズをとりながら優雅にバラの花を受け取ってたな。

その対比がなかなかいい感じでした。




2列目からのバレエの風景、最高。



つづく。
[PR]
by frais8 | 2010-07-19 01:27

「バレエの真髄」観ました。


どんだけ長風呂なんだ!
と突っ込みを入れられそうですが・・

さて。「バレエの真髄」の続きです。

今回の舞台鑑賞は兎に角「吉田都さん目的」。
なんてったって美里が中学生のときに教えてもらって以来の大ファン。
あのとき観たのはドンキとくるみ。
ビデオが擦り切れるほど観ました。
あのころから美里にとって都さんは「一番好きなバレリーナ」で
今もそれは変わらないのです。

ローザンヌ国際バレエコンクールのスカラシップをきっかけにイギリスに渡り
ロイヤルバレエ学校の最終学年に編入した都さん。そしてサドラーズウェルズバレエ団を経て
1995年から英国ロイヤルバレエ団プリンシパルとしてご活躍された吉田都さん。
会いたいと思っても簡単には会えなかった時間が長すぎて
都さんへの思いは募るばかり・・。
ロイヤル・オペラハウスは遠すぎる!

そして現在・・
ロイヤルバレエ団のゲストプリンシパル、
日本ではフリーランスとしてご活躍されている都さん。

生(なま)都さんに会える機会が増えたということで
日本のファンにとっては「やっとやっと」という思いなのです。




都さんは一部の最後に「ライモンダ」よりグランを踊ります。




しかしアクロス福岡のシンフォニーホールって
「シンフォニー」というくらいあって
本格的な音楽ホールなんですね。
でもバレエ向きではないのかな?
客席は1,867席もあるのにこう配がほとんどなく
2列目なのに・・・目の前の背高のっぽの男の人の頭で
前が・・見えにくい・・。


一部が始まるや否や
頭を右へ左へ移動しながらバレリーナと動きを追う。

しかもバレエを踊るには舞台が狭いのか
バレリーナが手が届きそうなところまで迫り出してくる・・・・。
うわお、すごい臨場感。
ていうか、危ない???
いろんな意味でドキドキ。


つづく。

d0168679_18986.jpg

[PR]
by FRAIS8 | 2010-07-19 00:43

福岡からただいま、でした。



「大雨の影響で徐行運転となります」

指定席もとれぬまま
「無事に着くのか?」の不安も拭えぬまま
乗り込んだ南九州新幹線、午前9時52分。

今回の旅は
「バレエの真髄」INアクロス福岡シンフォニーホールのチケットを
ゲットしてくれた友達Nさんと美里と私の3人で決行・・
したはよいものの057.gif「大雨洪水注意報」057.gifのニュースが流れる福岡に
雨靴じゃなく一応「バレエ鑑賞」用のヒールを履いて参入。


しかし・・長かった。



欠便の影響か人がごったがえし車両と車両の間に
両手で傘を床に突き刺し立って寝てる人、う○こ座りで寝てる人・・
6時間のトロトロ運転に耐えるその姿はまるで
いつかドラマで見た頭に防空頭巾を被っている人々みたいだったもの。
まあ、そのくらい疲れが出ていたということです。
私たちはちゃっかり座席をゲットできたのでよかったのですけどね。
Nさんがカバンにしのばせていた単行本に退屈の時間を助けられました。
眠りの間に2回読破し終えたところでようやく到着したときには午後4時。
なんと6時間もかかったんですね。
いつもは2時間半で着いちゃう福岡に。

隣に座ってたオジサンの「はよ着け。はよ動け。」
あの呪文のようなブツブツは勿論なんの役に立つわけもなく
ただうるさいだけではありましたが・・・

・・・とりあえず、舞台に間にあえばいいのです!!


初めて行くアクロス福岡。
宿泊のソラリアプラザホテルから歩いて10分。
こんなところが天神の中心部にあるなんて!
と驚くほど素敵なホールでした。
落ち着いた色合いの木の作り。
高い天井には6つの大きなシャンデリア。
モダン・シック!!素敵!!!!
私たちの席はどこ??
2列目のド真ん中。
うっそー
こんなに近く??
手が届きそう~
(チケットとってくれた)Nさんありがとう~
興奮しながら席に着く。
見渡すと思ったよりも大きな会場で
2階3階席がぐるりと全体の客席を囲っている。
なんだかパリ・オペラ座みたい!
テンション上がる!


さっそく会場入り口でもらったキャスト表を確認すると・・

1部

1・「眠りの森の美女」よりローズ・アダージョ  
  オーロラ姫:ナタリヤ・ドラムチョワ
  4人の王子:長い名前なので割愛。

2・「侍」
  岩田守弘

3「海賊」よりパ・ド・トロア  エレーナ・フィリピエア
  セルギイ・シドルスキー
  ヴィクトル・イシェク

4・「阿修羅」
  ファルフ・ルジマトフ

5・ダイアナとアクティオン ナタリア・ドラムチョワ
 岩田守弘

6・「ライモンダ」よりグラン・パ・ド・ドゥ 
 吉田都
 セルギイ・シドルスキー
 
 キエフバレエ

2部

シェヘラザード 
 エレーナ・フィリピエワ
 ファルフ・ルジマトフ
 他・多すぎるので割愛。




吉田都さんとペアを組むはずだったロバート・テューズリーさんは
怪我により降板、とのこと。
しかし「世界のスターが集う」というだけあって豪華ですわー。



・・とここまで書いてとりあえずお風呂に入ります。

では後ほど。


d0168679_21261668.jpg

[PR]
by FRAIS8 | 2010-07-15 22:45

かわいい★中国の踊り!!



↓↓053.gif個人的に超お気に入りの一枚053.gif↓↓

「くるみ割り人形」より中国の踊り。
d0168679_11395727.jpg


兎に角、キュートでしたねー。
元気いっぱい!!という感じで。
始終惹きつけられました。
また舞台で見たいです。
でもあのキャストで踊るのは
最初で最後かな?
小さなこどもたちにとって
憧れのお姉さんたちですね。

人気のある踊りなので
踊ってみたい人は多いでしょう。





・・・さて

デジカメを充電して
(吉田都さんと写真を撮れるかもしれないから)
サインペンをバッグに入れて
(吉田都さんにサインを書いてもらえるかもしれないから)

やすむとしますか。

みなさま、また明日!

おやすみなさい★
[PR]
by FRAIS8 | 2010-07-14 02:11

FRAIS10TH公演。




今となってはもう懐かしい・・

FRAIS10TH公演!!






みなさーーーん!!


あらっ???

ちいさいっ・・・



d0168679_11384680.jpg



これから少しずつ
画像をUPいたします
053.gif
[PR]
by FRAIS8 | 2010-07-14 00:32

7月15日(木)は全クラス休講です。






7月15日(木)は全クラス休講です。

テスト期間中のみなさん
引き続きテスト対策がんばってください!!




FRAIS10TH公演「眠れる森の美女第3幕」より赤頭巾と狼。
d0168679_11265319.jpg



逃げるんだ!

逃げきるか?

逃げたいけど
逃げられない!



テストからもね(笑)。

[PR]
by FRAIS8 | 2010-07-14 00:23

FRAISジュニアバレエ団旗揚げ公演




クラシックバレエフレイスはこのたび

FRAISジュニアバレエ団
を設立することになりました。



団員は中学1年生以上の38名。

出演は
CLASSICAL BALLET FRAISメンバー
5名を含め43名の予定。


旗揚げ公演を

2011年5月5日(木)



鹿児島県民交流センター
県民ホールにて

行います。




2011年3月3日に
チケット販売開始いたします。


詳細はこちらのブログで
随時お知らせいたします!







FRAIS10TH公演
「くるみわり人形・雪の国」より

d0168679_12305565.jpg

d0168679_11444240.jpg
d0168679_11452521.jpg

[PR]
by FRAIS8 | 2010-07-13 12:40


FRAISのブログ


by FRAIS8

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
FRAISブログまとめ
FRAISブログまとめ

以前の記事

2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

長い間ありがとうございました。
at 2011-07-02 12:55
2011年7月のスケジュール
at 2011-06-26 10:22
FRAIS便り7月号
at 2011-06-26 01:28
劇団四季「クレージーフォーユ..
at 2011-06-26 01:24
かわいい~幼児科さんなのだ!
at 2011-06-24 23:38

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧